プロジェクトが目指す「未来」
「日本の演劇」未来プロジェクトは、新型コロナウイルスの世界的流行という緊急事態に直面し生まれた、舞台芸術業界の新たな連携・連帯を象徴する事業です。
日本の演劇の未来を見据えて結集した、緊急事態舞台芸術ネットワークの各団体が、全国各地を舞台に各々の力を最大限発揮することで、舞台芸術の持つ唯一無二の価値を社会へと広く発信していきます。

コロナ禍において、未だかつてない逆境を経験した今だからこそわかること、できること。
人と人が集い、つながることで生まれる力。その無限の可能性と、演劇界の未来を信じて――
理事ご挨拶
東宝株式会社 常務執行役員 演劇担当 
池田篤郎
このコロナ禍で、皆さんが強く感じられたのは、「人と人との繋がりの大切さ」だったのではないでしょうか。リアルな環境でのコミュニケーションもなかなか取れず、実際に会えたにしてもマスク越しで表情もよく見えない、お互いの気持ちが通いにくい不自由な生活が本当に長い間続いてきました。演劇に携わる私たちは、こうした厳しい環境の中、皆さまに「心の糧」となる作品をお届けして豊かな感性に触れていただき、その潤いを取り戻していただくために、ともに手を携えて、これまでも様々な取り組みに挑んで参りました。
その中でも、この「日本の演劇」未来プロジェクトは、世の中は回復過程にはありながら、未だ都市部と地方ではその進み方に違いがある中で、質の高い文化芸術活動を支援し、全国各地での観劇機会を更に高めるために活動する大きな意義を持つものです。
その名の通り、「日本の演劇の未来」をしっかりと見据え、人々のもとに優れた作品をお届けして楽しんでいただくとともに、お客様とともに世界に誇る文化を築いていくこの大きな取り組みに、皆さまのご参加を心からお待ちしております。
劇作家・演出家・役者
野田秀樹
この文章はアタリです。「日本の演劇」未来プロジェクトは、新型コロナウイルスの世界的流行という緊急事態に直面し生まれた、舞台芸術業界の新たな連携・連帯を象徴する事業です。日本の演劇の未来を見据えて結集した、緊急事態舞台芸術ネットワークの各団体が、全国各地を舞台に各々の力を最大限発揮することで、舞台芸術の持つ唯一無二の価値を社会へと広く発信していきます。コロナ禍において、未だかつてない逆境を経験した今だからこそわかること、できること。人と人が集い、つながることで生まれる力。その無限の可能性と演劇界の未来を信じて。この文章はアタリです。
劇団四季 代表取締役社長
吉田智誉樹
この5月、新型コロナウイルスの感染症法上の分類が「5類」に変わり、長い間、舞台芸術界を苦しめたコロナ禍は、新しいフェーズに入ったように思います。ですが、コロナ以前の状況を完全に取り戻せたかというと、必ずしもそうとは言いきれない。生活様式やお客様の考え方が変化した影響は依然として残っており、完全な回復の為の努力は、まだまだ必要なのだと思います。そのような中、“「日本の演劇」未来プロジェクト 2023”が果たすべき役割と意義はとても大きいように思います。
特に本プロジェクトが、首都圏だけでなく、全国各地の舞台芸術の振興に目を向けていることの意義は、文化の東京一極集中の是正という観点からも大切なことです。また、今回新たに加わった施策にも、こうした地域間の連携の強化を目的としたものが含まれると伺っており、大変心強く思います。
成長著しかったコロナ前の舞台芸術界の活況を取り戻すためには、本プロジェクトは必ず成功させねばなりません。精一杯の努力で取り組んで参りたいと思います。
プロジェクトの取り組み
公演事業
日本の文化芸術活動の、人・作品・場などの流動性を高めるため、日本を代表する22団体によって全国の地域で行われる文化芸術活動を重点的に支援し、事業者の活動の安定化と、実施地域の活性化を目指します。
連携事業
緊急事態舞台芸術ネットワークの会員間の連携や、それぞれが持つ力を舞台芸術振興のために発揮できる道筋をつくること。地域、規模、ジャンル、世代を超えてつながり協働できるきっかけづくりに取り組みます。
「シン・つながりプロジェクト」では、次世代を担う若手制作者によるネットーワーク構築を推進。「アートキャラバン・サテライト」では、協力団体と地元の施設・演劇人によるプロジェクトを展開し、アートキャラバン事業を後押しするとともに、未来にむけた創客と、業界活性化にむけた企画を全国各地で実施していきます。
広報事業
舞台芸術の裾野を広げる未来にむけた様々な取り組みを、記事コンテンツ「みらいジャーナル」や「舞台芸術おしごとナビ」「年次シンポジウム」などの各種イベントを通じて広くお伝えしていきます。
本プロジェクトを通じて高まる機運を業界内外へ積極的に発信することで、舞台芸術の価値や存在がより社会へ訴求されていくことを目指します。
調査・研究事業
地域・世代など多様な軸をもって調査・研究した内容を統括し、舞台芸術業界および社会に対して還元します。
「地域リサーチ」事業では、地域(国内)の舞台芸術業界の実態把握のため、広域の活動実態をリサーチ。地域ごとの課題を洗い出し、次のアクションに繋げます。
「舞台芸術業界強靭化のための研究・調査」では、舞台芸術界の未来のために、業界全体で取り組むべき課題をテーマに海外事例などの研究・調査を行い、外部機関との連携も模索します。
主催
助成